FC2ブログ

Anthology -記憶の記録-

写真撮り歩いたりボウリングやったり・・・etc

市谷の杜 本と活字館(その2)

実はこの日、内部見学の予約が出来た日でした。
210314_095921_1200.jpg

210314_100015_1200.jpg

210314_100148_1200.jpg

今回の建物オープンに合わせて昔の印刷機械も動かせるように苦労したそうです。
210314_100613_1200.jpg
印刷機械は自分たちで設計して製造していたとの事。
どこかのメーカーに依頼してると思ってました。

210314_104459s_1200.jpg

210314_104827_1200.jpg

210314_104631_800.jpg
これら、天井のデザインは古い写真を元に再現したとの事。

古いタイルも一部だけですが使われています
210314_100405_1200.jpg

210314_100543_1200.jpg

210314_104120_1200.jpg

210314_105229_1200.jpg

210314_105303_1200.jpg

階段
210314_100110_1200.jpg

210314_100118_1200.jpg

210314_102518_1200.jpg

古い当時の写真たち
210314_100841_1200.jpg

復元するのに当時の壁はどんなものだったのか色々と検討した結果52番(だったかな?)になったそうです
210314_101136_1200.jpg

たくさん説明を受け、案内していただきとても有意義な時間でした。
今は密にならないよう見学予約が必要で、1時間5人までの受付中でした。
いずれ自由に見学できるようにする予定との事でしたが、撮影にはちょうど良かったですね。

カフェも設置されていましたが、さすがにその時間はなかったです(^-^;

一休みに最適な秀英のベンチ
210314_103357_1200.jpg

建物基礎に使われていた松杭。約800本使われていたとの事。
210314_105431_1200.jpg
お土産にこの松杭を利用した素敵なルーペや定規などいただきましたよ。

最後に外壁の確認です
210314_111740_1200.jpg

周りを覆う塀やスロープにも同じものが使われていました
210314_111910_1200.jpg

210314_111923_1200.jpg

建物好きだと言うとかなり喜ばれます。
一生懸命解説してくださり、何だかとても嬉しい気持ちになった建物見学でした。

210314_111404_1200.jpg


※現在は緊急事態宣言により臨時休館中です。

市谷の杜 本と活字館(その1)

市谷の杜 本と活字館。

大日本印刷(株)の前身である秀英舎の工場を1926年当時の姿を復元したものです。
210314_092856_1200.jpg
後ろにそびえ建つ現在の大日本印刷(株)

210314_091948_1200.jpg

210314_092751_1200.jpg

スロープがあり
210314_093000_1200s.jpg

素敵な階段があり
210314_111942_800.jpg

上からも眺める事が出来ます
210314_092200b_1200.jpg

このアングルは数年したら木が成長して建物が見えなくなってしまうでしょうね
210314_111006_1200.jpg

210314_111441_1200s.jpg

横須賀線の煉瓦たち(その20)

水路の行く先には横須賀線の橋台に煉瓦が使われていました
210103_131925_1200.jpg

210103_131833_1200.jpg

210103_131902_1200.jpg

210103_132508_1200.jpg

反対側に周ってみると廃墟のような建物がありました
210103_132729_1200.jpg

こちらも煉瓦の橋台が見えますね
210103_132747_1200s.jpg

210103_133002_800.jpg
今回の横須賀線で使われている煉瓦探索はここまで。

撮影しながら鎌倉駅に向かいます。

滑川にいたアオサギ
210103_133545_800.jpg


1926年(大正15年)竣工の日本基督教団鎌倉教会
210103_133924v日本基督教団鎌倉教会_800

隣接するハリス記念鎌倉幼稚園
210103_134238ハリス記念鎌倉幼稚園_1200
こちらは1925年(大正14年)竣工

210103_134337_1200.jpg

御成通りにある旧安保小児科医院(大正13年頃竣工)
210103_134643_1200.jpg

210103_134721_1200.jpg

横須賀線の煉瓦シリーズはとりあえずここでおしまいです。
鎌倉駅~北鎌倉駅にも煉瓦は使われているのは確認済みなのですが、
もう少し世間が落ち着いたら行って見ようと思っています。


横須賀線の煉瓦たち(その19)

水道みちを歩きます
210103_125728_1200.jpg

210103_125904_1200.jpg

途中で水路を確認したり
210103_125931_1200.jpg

道標見たり
210103_130432_1200.jpg

海軍の境界石見たり
210103_130446_1200.jpg

建物見たり
210103_130705_1200.jpg

210103_131051_1200.jpg

水路脇の擁壁見たりと、色々と見ながら歩きます
210103_131530_1200.jpg

横須賀線の煉瓦たち(その18)名越トンネル

名越隧道の脇にある名越送水管路ずい道
210103_121201名越送水管路ずい道_1200
以前にしっかり見てるので今回はパス
鎌倉を歩く・その3

横須賀線の煉瓦たち(その16)で見た鎌倉側となります。

そう、実は今回から鎌倉市になりました。

水道みちなので海軍の境界石もあります
210103_121227_1200_20210505104543d5e.jpg

名越坂踏切から見える名越トンネル(鎌倉側)の上り線はコンクリート造り
210103_121452_1200.jpg

210103_125355_1200.jpg

下り線は煉瓦造り
210103_125229名越トンネル_1200s

もっと良く見えそうな場所へ移動します
210103_121743_1200.jpg
ここは鎌倉七口の切通の一つ「名越切通」への入口

登ってみると上部が少しだけ見えます
210103_124958v_1200.jpg

せっかくなのでもっと登ってみます
210103_122209_1200.jpg
古いレールが使われていますね

210103_122647_800.jpg

更に進むと良い雰囲気の道になってきました
210103_122939_1200.jpg


210103_123116_1200.jpg

210103_123150_800.jpg

一番上で一休みをしていたらタイワンリスがいましたよ
210103_123932_1200.jpg

210103_124314_1200ss.jpg

横須賀線の煉瓦たち(その17)

小坪隧道の鎌倉側
210103_120207_1200.jpg

210103_120225_800.jpg

向こうに見えるのは新小坪隧道
210103_120400_1200.jpg

この撮影は逗子隧道の前から。
横須賀市からだと小坪隧道、逗子隧道、名越隧道と3連続でトンネルが続くのですが、
途中で検問らしき事をしていたので撮影はパス。
どのみちコンクリート造りで煉瓦ではありませんでした。
そしてこの辺りは歩道が狭く撮影も危険です。

名越隧道の鎌倉側
210103_121056_1200.jpg

小坪隧道と雰囲気が同じです。
210103_121114_1200.jpg

210103_120855_800.jpg

水路も煉瓦造りです
210103_120911_800.jpg

210103_120936_800.jpg


横須賀線の煉瓦たち(その16)

久木踏切から鎌倉方面へ歩くと見えてきたのは逗子変電所
210103_114025v_1200.jpg

フェンス越しに線路が見えそうだったので確認してみると先ほど見てきた名越トンネルが僅かに見えます
210103_114201v_1200.jpg
こうして見るとミニチュアを見てるようです

少しズーム
210103_114209v_1200s.jpg

少しフェンス越しに見える名越送水管路ずい道
210103_114845_1200.jpg
鎌倉側の名越送水管路ずい道は見た事があったけれど、逗子側は初めて見ました。
まさかこんな場所にあったなんて!

鎌倉側を見たのが2013年7月の事。
いつか反対側を見に行こうと思っていた事をすっかり忘れていてずっと長い事放置していたようです。

鎌倉を歩く・その3

小坪隧道の逗子側
210103_115404小坪隧道_1200

210103_115812_800.jpg

210103_115858_800.jpg

トンネル内部にも煉瓦を見る事が出来ました
210103_120018_1200.jpg

横須賀線の煉瓦たち(その15)名越トンネル

沼間トンネル見てバスでやってきたJR逗子駅
210103_111310_1200.jpg

逗子駅から歩いてやってきた久木踏切
210103_113100_1200.jpg

ここから見えるのは名越トンネルです
210103_113344名越トンネル_1200
前回は暗かったのですが、今回はバッチリです!

下り線側はコンクリート造り
210103_113317名越トンネル_1200

上り線側は煉瓦造りですね
210103_113612名越トンネル_1200s

210103_113150名越トンネル_1200s

カエルの絵がありましたがモリアオガエルでもいるのかな?鎌倉にはいるそうですし。
210103_113227_1200.jpg

横須賀線の煉瓦たち(その14)

今回からは中断していた横須賀線の煉瓦たちの続編です。

京急田浦駅から坂道をずっと歩いて行くと煉瓦調のトンネルがありました
210103_100538_1200.jpg

船越防災隧道
210103_100712_1200.jpg

階段状になっているマンション。ベランダがひな壇になっていて日当たり良さそう
210103_100942_1200.jpg

山の上に見えた洋館付き住宅
210103_101059_1200.jpg

沼間隧道
210103_101323_1200.jpg

210103_101625_1200.jpg

そしてやっと目的地の横須賀線の沼間トンネルです
210103_102014b_1200s.jpg
やはり午前中だと逆光で厳しいし、そもそも見通しが悪い

少しアングルを変えると見えてはくるけれど上り線しか見えなくなってしまう
210103_102827_1200.jpg

以前にも来てるけれどやはりしっかりと見るのは難しいようです。


沼間トンネルとその界隈

横須賀市~逗子市2018


さらに東逗子駅方面へ向かうと愛観川橋梁など煉瓦造りの橋台が2つあるのですが、
足腰が不安定なので今回はパス
180721_165211_愛観川橋梁1200

180721_172158_1200_20210504161416979.jpg
これら2つの写真は以前に来た時に撮影したもの。


横須賀市~逗子市2018(その4)愛観川橋梁
横須賀市~逗子市2018(その5)

バスで逗子駅に向かいます

目黒区の戦争遺跡

土浦亀城邸を見終えた後は恵比寿駅へ向かうのですが途中に気になってるものを見に行きます。

目黒三田会館の裏にある大谷石の蔵
210424_120246_1200.jpg

詳しい場所は覚えていなかったのですが、ある道を見た瞬間に何となく思い出しました。
細い道を入っていくと大きな境界石がありました。
210424_120358_1200.jpg

ここかな?と思い更に奥に進むと階段
210424_120646_1200.jpg

階段にあった陸軍の境界石
210424_120714_1200.jpg

210424_120822_1200.jpg

ずっと以前に案内してもらったのですが、どこだか詳しい場所は覚えていなかったのですが
久しぶりに来る事が出来ました。
調べてみると2008年の6月に訪問しているので約13年振りの事でした。

ここは防衛省の敷地
210424_121857_1200.jpg

案内していただいた時、こちらでは戦艦大和の実験をしていたと聞きました。
210424_121534_1200.jpg

以前来た時は舗装されていませんでしたので雰囲気もかなり違いますね
210424_121501_1200.jpg

この建物は煉瓦造りだったようで、すっかり忘れていました
210424_121521_1200.jpg

080607世田谷~目黒の戦跡調査 最終回

過去の写真を見てみるとやはりかなり雰囲気が変わってますね。
交差点の古いコンクリート塀はもうありませんし。
そして陸軍用地の境界石を一つ見逃している。。。(もう無い?)