Anthology -記憶の記録-

Home > 2017年05月18日

秋の東大散策2016(その2)

育徳園心字池
161204_100032_1200.jpg
通称、三四郎池。
夏目漱石の小説でも有名な池ですね。

池の上にある育徳堂(弓道場)
161204_100819_1200.jpg

たまには弓道している姿を見る事が出来るのですが
161204_100948_1200.jpg

この日はお休みでした
161204_101050_800.jpg

ふと足元を見ると煉瓦が落ちてる!
良く見ると複弁の桜の刻印付き(小菅集治監製造)でした
161204_101606_1200.jpg

実は東大の中では目立たない場所でも煉瓦が使われているんですよね。
前回は地下の基礎にあったと紹介しましたが、こんなところでも。
ここは弓道場の的のある場所
161204_102026_1200.jpg

近寄ってみると基礎部分に煉瓦が使われています
161204_101931_1200.jpg

足元にはまた単弁の刻印付き煉瓦が見つかりました
161204_102135_1200.jpg

何度も歩いているけれど、刻印付き煉瓦は今まで見てなかったような気がします。


気に入っていただけたならポチっとよろしくお願いします。
建物・街写真でのランキングに参加しています。

にほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ

スポンサーサイト