Anthology -記憶の記録-

Home > 散策・建物 > 三菱一号館

三菱一号館

ジョサイア・コンドルによって明治23年に建てられた三菱一号館。
しかし、昭和43年に取り壊されてしまいました。

そんな三菱一号館を当時の図面を元に復帰させてしまいました。
もちろん、当時そのままそっくりとはいかないので(消防法の関係で)
強化ガラスを使ってるとこもあるのですがそれはもう見事に。。。

230万個のレンガを使って~との事なので気合満点だったのでしょう。
この復元工事中の写真展も開催されていて中国のレンガ工場の写真も飾ってありました。

091115_094647_500.jpg


091115_094655_500.jpg


091115_094824_500.jpg


091115_095900_500.jpg


091115_112846_500.jpg


IMG_2411ss_500.jpg


091115_113054_500.jpg


091115_113142_500.jpg


IMG_2466s_500.jpg


現在は「一丁倫敦と丸の内スタイル展」が開催中です。
入場料500円。
来年の1月11日まで。。。

丸の内地区の明治期の歴史を知る事が出来ます。
そして当時の図面なども展示中。
かなり興味深いものでした。

出来る事ならこれらに関する小冊子でもあればなお良かったのに。。。
そういったものが一切無かったのが残念です。

だけど、1Fの売店で「赤レンガ近代建築」なんて本を発見してしまったのでつい買ってしまいました♪

スポンサーサイト

Comments

name
comment
たぬちゃん : URL

#g7Hlcesk Edit  2009.11.19 Thu 11:49

タイル展 行かなくちゃ、メモ、メモ♪(笑)

万歩計携えて ポーランドまで行きたいですねぇ(爆)

たくあん : URL

#HfMzn2gY Edit  2009.11.20 Fri 00:44

>たぬちゃん

タイルじゃなくてスタイルね(笑)
ポーランドまで歩いたら相当な距離だなぁ~(^^)

comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可