Anthology -記憶の記録-

Home > 散策・建物 > 金沢散策その6(石川県立歴史博物館)

金沢散策その6(石川県立歴史博物館)

石川県立歴史博物館(旧金沢陸軍兵器章支廠兵器庫)
重要文化財
100428_092422石川県立歴史博物館_600

このレンガ建築は是非とも見たかったものです。
100428_092636石川県立歴史博物館_600

のんびり見ていたら小学生の団体さんが来てしまい、建物周辺は観光バスだらけに(・_・。)グスン
100428_092749石川県立歴史博物館_600

思ったように撮れなくなってしまったのが残念でした
100428_092822石川県立歴史博物館_600

この旅行でもレンガ建築はさんざん見て来たけどやっぱりいいですね♪
100428_092830石川県立歴史博物館_600

100428_093334石川県立歴史博物館_600

100428_093412石川県立歴史博物館_600

100428_093529石川県立歴史博物館_600

100428_093835石川県立歴史博物館_600

 赤煉瓦3棟の建物は、旧金沢陸軍兵器支廠兵器庫として建てられた。第1棟(道路側)は大正3年(1914)、第2棟は大正2年(1913)、第3棟は明治42年(1909)に竣工している。終戦後、昭和21年(1946)金沢美術工芸専門学校(現・金沢美術工芸大学)の校舎に転用されたが、昭和47年(1972)石川県が譲り受け、昭和61年(1986)から石川歴史博物館となった。
 いずれも煉瓦造二階建てで、左右対称を基本とした端正な意匠になっており、長さは85~90メートルに及ぶ。この種の建物としては、わが国で数少ない貴重なものとされている。3棟とも外観は創建当時の姿を忠実に復元し、内部はそれぞれ異なった手法で構造補強を加え、そのうえで歴史博物館として再利用した。この活用にあたっては、建物の文化財としての価値と展示設備との調和を図るなど、さまざまな工夫を凝らした。
 平成2年(1990)9月11日付で、国の重要文化財に指定された。
※現地案内板より
スポンサーサイト

Comments

name
comment
comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可

Trackback

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

  1. Trackback
  2. 旧金沢陸軍兵器支廠兵器庫

    明治から大正にかけて建造された旧陸軍の兵器庫 3棟の赤煉瓦建築で戦後は金沢美術工芸大学として利用 現在はいしかわ赤レンガミュージアムとなっている 時間帯によっては水が流れる 石川県金沢市出羽町3-1  ... 本日も建築散歩日和 - 2015.05.26 20:52