Anthology -記憶の記録-

Home > 散策・建物 > 桐生散策その2

桐生散策その2

駅から近い場所から建物巡りスタートです。

【旧模範工場桐生撚糸合資会社事務所棟(絹撚記念館)】
竣工:大正6年(1917年)
100817_103849_600.jpg

そして建物脇に何故かレンガ発見!
100817_104024_600.jpg


こちらは現在「桐生市近代化遺産絹撚記念館」となっています。

中に入れるようだったのでのぞいてみるとたくさんの資料がズラリ。
実はいつもの通り、遠征前にはじっくり下調べをするのですがこの桐生に関しては資料が少ない。
散策マップも簡単なものしかなく、歩いた人もあまり詳しくネットでは公開してないようなのです。

仕方なく行きあたりバッタリみたいに現地へ向かったのですが、膨大な資料を前にちょっと興奮気味(^-^;
しかも、こちらの方とお話ししてみると色々と詳しいマニアックな事をたっぷりと話してくださいました。

マンホールを撮った話をすればこの通りには古いマンホールが~と地図で紹介してくれるし、
僕の知りたい事は何でも知っていそうな気が。。。
あ~この人にじっくり町を案内して欲しい!と思わせてくれるほどに(笑)

桐生市とここに残る文化財を心から愛しているのでしょうね。
僕との会話を見ていた友達もそう感じていたようです。

ちなみに建物脇にあったレンガは日本織物株式会社の建物の基礎跡との事。
そして日本織物株式会社を建てるためだけにレンガ工場も作ったと言っていました。

詳しく話を聞くとレンガに刻みがあるとの事だったので再びじっくり見てみる事に。
100817_111317_600.jpg
すると桐の葉がありますね~♪


こちらではレンガ工場があったお話しも聞けたし予想外な知識と資料を得る事が出来ました。
今度はこの資料を持って再び桐生へ行かなくてはなりませんね。


と同時に熱心に聞きすぎたのでいきなり時間がちょっと押してました・・・(^-^;
スポンサーサイト

Comments

name
comment
comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可