Anthology -記憶の記録-

Home > 散策・建物 > 都内のノコギリ屋根

都内のノコギリ屋根

桐生市のノコギリ屋根を紹介していましたが
せっかくなので都内で見つけたノコギリ屋根も少しだけ紹介します。

060217_114027_600.jpg


100827_114351_600.jpg


100827_115155_600.jpg

これら3つのノコギリ屋根は全て八王子市内で見つけたもの。
実は仕事中に急いで撮ったもの(^-^;
コンデジで適当に撮ったものばかりで色がちょっと変ですね。


八王子市には「絹の道」と呼ばれる道が有る程に絹織物で栄えた町でした。
それらの名残りが今でも少し残されているんですね。
そんな影響で調布や布田など織物を彷彿する地名が多く残されています。


以前こちらでも「絹の道」を少しだけ紹介しました
http://takuan21a.blog35.fc2.com/blog-entry-881.html


そして町散策好きの間では人気ある谷根千。
こちらにもノコギリ屋根を見る事ができます。
100515_160616_600.jpg

実はこの道は藍染川と言われる川の暗渠です。
この川の水を使って染物をしていたと言われています。
染物屋さんが多くあったそうでそんな事から藍染川と言われるようになったそうです。

ちなみにこのノコギリ屋根は元々リボン工場だったそうです。
スポンサーサイト

Comments

name
comment
comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可