Anthology -記憶の記録-

Home > 散策・建物 > 鶴見線の旅その3

鶴見線の旅その3

ひとまず浅野駅まで戻ります。
101106_093538_600.jpg
「浅野」の名は浅野セメントの創設者であり鶴見臨海鉄道を設立した浅野総一郎氏にちなんだもの。

この駅も前回はいっぱい撮りましたね。

この駅の面白いとこは中洲のようになっている事です。
線路が2又に別れているのでホームが3つあります。
ホームからホームへはそれぞれ小さな踏切を渡ります。
101106_093826_600.jpg

無駄に広いと感じてしまう改札口
101106_093423_600.jpg

分岐駅なので海芝浦駅よりは電車の数が多い
101106_094541_600.jpg

101106_092640_600.jpg
スポンサーサイト

Comments

name
comment
comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可