Anthology -記憶の記録-

Home > 散策・建物 > 鶴見線の旅その12

鶴見線の旅その12

終着駅の大川駅
101106_164624_600.jpg

101106_164653_600.jpg

ちなみに大川駅の駅名由来も人物名から。
鶴見臨海鉄道(鶴見線の前身)の発起人の1人である大川平三郎(渋沢栄一の甥)からです。
鶴見線の駅名は人物名を由来としてるところが多いようです。


駅のすぐ脇にある小さな踏切ですが関東唯一の手動式踏切です。
101106_164855_600.jpg

でも、この踏切は朝と夕方しか活躍しません。

何故ならこれしか電車走っていないし。
101106_170644_600.jpg

のんびり撮ってるうちに暗くなってしまいました

101106_170054大川駅600

101106_170458_600.jpg

101106_170746大川駅600

101106_170918大川駅600

都心から近い割にはローカルな雰囲気を堪能出来る鶴見線。
とっても楽しい1日でした♪


最後は沖縄料理のお店でランチのリベンジを果たして終了です
101106_185115_600.jpg
スポンサーサイト

Comments

name
comment
comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可