Anthology -記憶の記録-

Home > 散策・建物 > 足尾銅山その8

足尾銅山その8

まずはレンガ造りの倉庫から見に行きましょう。
石の扉の向こう側です。
101218_132051_900.jpg

101218_132143_900.jpg

トンネルを出た~
101218_133514_900.jpg

足元
101218_133358_900.jpg

扉の位置が建物とずれているのは爆風の直撃を避けるためか?
101218_133432_900.jpg

天井は無く、もう廃墟ですね
101218_132832_600.jpg

101218_133203_600.jpg

101218_132941_900.jpg

101218_133413_900.jpg

ちなみにこうした建物は爆発した際に力が横に広がる事を防ぐために天井が抜けやすく設計されています。
窪地だったり重たい石の扉だったりトンネルの位置をずらしたり色々と工夫されていますね。


こうした道の左側にそれぞれ石の扉があり、倉庫へ入れるようになっています。
101218_133538_900.jpg
前回の写真は左側の斜面上から見て撮ったものです。
スポンサーサイト

Comments

name
comment
comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可