Anthology -記憶の記録-

Home > 散策・建物 > 足尾銅山その15

足尾銅山その15

第一神梅トンネル
101219_071014第一神梅トンネル900
大正元年に造られたレンガ積みのトンネル。

手前に見えるのは「手振山架樋」と言って昭和5年に造られたものです。
山から下ってくる雨水などを渡良瀬川に落とすためのものでコンクリート製の樋を古レールで支えています。


第二神梅トンネル
101219_071039_900.jpg
上と同じく大正元年に造られたもの。

上神梅駅
101219_071356上神梅駅900
大正元年竣工。
木製の改札口が素敵です♪
しかし、イルミネーションの飾りがちょっと残念。

神戸駅
101219_074742神戸駅900
このホームは大正元年竣工。

後から知りましたがこの駅にはレンガ造りのランプ小屋があるようです。
多分この写真の右側です。

沢入駅
101219_075928_沢入駅900
このホームも大正元年竣工。
木造の待合所の素敵です。

通洞駅の手前にあるレンガ壁
101219_081145_900.jpg
これは防火対策?


通洞選鉱所
101219_081211_900.jpg

101219_081213_900.jpg
前日、門の中に入れず見れなかった内部の様子が電車内から良く見えます。

足尾駅
101219_081619_900.jpg
かつては貨物列車の停車場として使われていました。
大正元年に建てられたもので当時のまま残されているようです。

そして終点駅の間藤駅に到着です。
101219_081910間藤駅900

終点に着くまでの間だけでもかなり撮りましたね~♪
でも、2日目のメイン活動はこれからですよ。
スポンサーサイト

Comments

name
comment
タクマス : URL

#mQop/nM. Edit  2011.03.02 Wed 23:47

足尾銅山といえば田中正造。
小学校の教科書だったか彼の伝記?が載ってて
すごい人がいるものだなと感心したものです。
数十年ぶりに思い出してちょっとしたノスタルジーに浸ってますよ(笑)

インフォメーションに カメラ壊れたと書いてありますが
次に買うのはどのメーカーなんでしょう~?
メーカーごとの特徴なんてのはあるんですか?

たくあん : URL

#HfMzn2gY Edit  2011.03.05 Sat 09:42

>タクマスさん

やはり田中正造の名前は有名ですね。
僕の忘れっぽい頭の中には教科書で読んだ記憶がありませんけど(^-^;

そう、カメラ壊れたんですよ~
今は控えのペンタックスK10Dで撮っていますけど色々と不満も。。。

メーカーごとに違いはあるようですけど僕には細かい事はわかりません。
それぞれクセがあって出てくる絵も違うようです。
が、少なくともキヤノンとペンタックスだと操作性はキヤノンの方が感覚的に使えると思います。

たくあん : URL

#HfMzn2gY Edit  2011.03.05 Sat 09:45

あ、今は何を買おうかかなり悩んでいます。
60DかK-5かそれともオリンパスPENか。。。
今の体調を考慮するとひとまずコンデジでも良いような気もしてます。

comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可