Anthology -記憶の記録-

Home > 日常 > あれから1週間

あれから1週間

先の日記にも書いた通り、昨夜はボウリングをやってきました。
正直、こんな時に遊んでる場合なの?と結構悩んでました。

でも、自分の中での結論は普通にしていようと言う事に。
もちろん今は節電はやらなきゃいけないし、そっくり今まで通りは出来ないけどね。

やはり震災の被害を受けてない人達の頑張りが今後の日本を支えていくわけでしょ?
普通に働いてお金稼いで税金支払って、それが巡り巡って困ってる人達への援助になるんじゃないのかなって。

実際、テレビ見てると可愛そうな現実や怖い映像ばかり流れている。
身内いなくてお金持ちで仕事もしてなかったら西日本へ逃げたい位です。
やっぱり放射能は怖いし。
そんなの見てばかりのせいで笑う事も減り、怖いものから逃げてる夢も見てる。

でも、とりあえず今は普通に生活してなくちゃいけないのかなって。
イザと言う時の心構えだけは持ってないといけないだろうけどね。


だけど、現実は普通にしてる事すら難しくなってきてます。
だって、停電で電気使えなくてガソリンなくて仕事はどうなるの?
何も出来ません。
体力ない零細企業はかなり苦しいと思います。
この状態が長引いたら結構な会社が倒産するんじゃないかなぁ~
電車もしっかり動くのかわからないから通勤出来るのかも怪しいしね。

いずれ電気の使える日に合わせて仕事の調整をするようになるのかな。
今日も午前中は停電で午後から仕事だったので
午前中は何もしないままで、結局無駄な残業をするはめになってるし。
残業のせいで無駄な電気も使ってるよね~

そして食料品の買占めもあって普通の買い物も出来ない。
今の東京は異常だと思います。
災害が都内であったら半端なくパニックになるんだろうなぁ~。

昨日、ボウリング場で従業員さんと少しお話ししたけれど
今まであった予約がことごとくキャンセルになってるとの事。
遊びに来るのは子供だけだそうです。
これじゃ食ってけないよ~と嘆いていました。
みんな遊んでる場合じゃないよと思ってるのでしょうね。

娯楽施設はこんな時叩かれやすいけど彼らも自分が食っていくための仕事なんだし、
責める事なんて誰も出来ないのですよ。
節電のためにって看板の照明消したり営業時間は短くなってるし、
皆と同じような努力はしています。


この1週間で大きく生活が変わってしまっていますが
なるべく自分自身は変わらず普通の生活を送っていこうかなと思います。
不安はたっぷりあるけどね。

とりあえず、明日は1年ぶりに高校時代の友人と会ってこようかなと。
会おうって何度も催促受けてるし(笑)

あとはせっかくの連休だしたまにはカメラ持ってどっか行きたいな~
スポンサーサイト

Comments

name
comment
みゅう : URL

#9K64Lzaw Edit  2011.03.19 Sat 21:48

震災地の方は本当に大変だと思うし
流れてくるニュースなどを見ても心が痛くなる物ばかりだけど

私たちもこの1週間でそれなりに大変で
ストレスも溜まって来ていると思います。

ホント折角のお休みだから
お友達と会ったり、写真撮ったり
息抜きもしてきてね(*^_^*)

たくあん : URL

#HfMzn2gY Edit  2011.03.19 Sat 22:28

>みゅうさん

被災者の方々は本当に辛い思いをしているので多少の不便は我慢して当然ですよね。
だけど、やはりストレスもたまってくるわけで。。。

今日は1日友達と会って色々と話して歩いて写真撮って~と楽しく過ごせましたよ。
明日は天気が下り坂なのがちょっと残念です。

comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可