Anthology -記憶の記録-

Home > 散策・建物 > 荒川区のレンガ&史跡巡りその2

荒川区のレンガ&史跡巡りその2

回向院にある観臓記念碑
解体新書
この扉絵は教科書で見た事ありますよね。

小塚原の首切り地蔵
110306_101231_900.jpg

杉田玄白らが書いた(翻訳した)「解体新書」。
日本初の西洋語からの医学書(翻訳版)ですね。
この処刑所で死刑囚の腑分け(解剖)を見学して勉強した場所です。


第3三ノ輪ガード
110227_141227_900.jpg

トンネル上部は雁木と呼ばれる積み方
110227_141314_900.jpg

三ノ輪橋跡
三ノ輪橋跡
石神井川の支流として王子から分流してこちらを流れていました。
現在はこのように暗渠となっていて、都電の「三ノ輪橋駅」に名前を残しています。


にほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ

にほんブログ村に参加してみました
スポンサーサイト

Comments

name
comment
comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可