Anthology -記憶の記録-

Home > 散策・建物 > 札幌散策その20

札幌散策その20

【札幌市資料館(旧札幌控訴院)】
登録有形文化財
竣工:1926年(大正15年)

大通り公園の1番西側に位置しています。
110824_134938_900.jpg

110824_135506_900.jpg

110824_135549_900.jpg

正面玄関の上部には右から札幌控訴院と書かれています。
そして中央の目隠しをした女神像はギリシャ神話の法の女神テミスです。
110824_145400_900.jpg

左右の秤と剣は公平と正義を表し、後方2階の2つの鏡は真実を表しています。
110824_145432_900.jpg

建物の裏側にまわります
110824_145736_900.jpg

110824_145919_600.jpg

110824_150100_900.jpg

この建物は、札幌控訴院(のちの札幌高等裁判所)として大正15年(1926年)に完成しました。
建築の構造は、外壁は内側にレンガを、外側に軟石を凹凸をつけて積み上げた「組積造(そせきぞう)」であり、
また床や柱などを鉄筋コンクリート造とする近代的な手法を取り入れています。

※現地案内板より抜粋


気に入っていただけたならポチっとよろしくお願いします。
建物・街写真でのランキングに参加しています。

にほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ


スポンサーサイト

Comments

name
comment
comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可

Trackback

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

  1. Trackback
  2. 札幌市資料館(旧札幌控訴院)

    オータムフェストを楽しみながら テレビ塔前から大通公園を歩き、公園の突き当りの 「サンク・ガーデン」へ。 その奥に見えるのは、旧札幌控訴院。 明治から終戦直後まで、全国に8か所設けられた控訴院(高等裁判所)。 現存する建物は、旧名古屋控訴院と、札幌控訴院... きゃおきゃおの庭 - 2013.10.18 21:55