Anthology -記憶の記録-

Home > 散策・建物 > 小樽散策その14

小樽散策その14

小樽市総合博物館。

1880年(明治13年)に開通した北海道で最初の鉄道「幌内鉄道」の起点である旧手宮駅構内にあります。
当時の機関車庫、転車台、貯水槽、危険品庫など鉄道関連の産業遺産が展示されています。


しずか号
110825_134116_900.jpg

一等客車(い1号)
110825_140439_900.jpg

外に出てまず目を引くレンガ造りの機関車庫と転車台
110825_143733_900.jpg

機関車庫三号
110825_142524_900.jpg

1885年(明治18年)竣工。現存する国内最古の機関車庫です。
設計者は後に北海道庁旧本庁舎を設計した平井晴二郎。
旧本庁舎と同じくこちらもフランス積みです。
110825_144017_900.jpg

110825_142810_900.jpg

110825_142747_900.jpg

110825_143215_900.jpg

110825_143052_600.jpg

小樽市総合博物館の写真はまだ続きます。


気に入っていただけたならポチっとよろしくお願いします。
建物・街写真でのランキングに参加しています。

にほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ


スポンサーサイト

Comments

name
comment
comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可