Anthology -記憶の記録-

Home > 散策・建物 > GW一人旅in2012 その8(桑名市編)

GW一人旅in2012 その8(桑名市編)

庭園を出たあとはレンガ造りの貯水池を目指すのですが途中で軽く寄り道

【石取会館】
120501_143605_900.jpg
竣工が1925(大正14)年の登録有形文化財です。
元々は四日市銀行桑名支店だったそうです。

こんな建物の向かい側で買ったものがこちら♪
120501_143341_900.jpg

120501_143630_900.jpg
人気ナンバー1のアイスまんじゅうです。
良くわからないけど名物???
名古屋に早朝5時半についてここへ来て初めてやっと口にした食べ物でした(笑)
この時点で14時半でしたけど。。。(^_^;)

途中偶然発見した道標
120501_144212_900.jpg
江戸時代に造られたものです。


馬道駅
120501_151043_900.jpg
目的地が見つからずウロウロしてたら隣の駅まで来てたようです(^_^;)
でも、何となく素敵な雰囲気だなぁ~って事でパシャリ。

そんな中、時間切れになりもう桑名駅に向かっていましたが、気になった路地があったので行ってみるとビンゴ。
探していた場所が路地の奥にありました。
120501_151600_900.jpg

120501_151533_900.jpg
これが探していた諸戸水道・貯水池です。
この時は本当に自分の勘の良さをほめていましたよ(笑)
完全に駅に向かって飛ばしてましたから。。。

本来は屋根付きだったのですが、今ではそれも無くなりこの姿になってひっそり残されています。


桑名市では六華苑と諸戸氏庭園、そしてこちらの貯水池と諸戸家に関わるものを見てきましたが、
諸戸清六氏は18歳で家督を継いだ時1千両もの借金があったそうです。
そんな借金を寝る間も食べる間も惜しんで働いて2年間で全て返済したそうです。
その後も一生懸命に働き、町の公共事業への投資も惜しみませんでした。

この付近の井戸水はあまり飲水に適していなかったので、東方丘陵地の地下水を集めたこちらの貯水池を築き
桑名市内に上水道を普及させました。
近代的な上水道としては全国で7番目との事です。

前回紹介した給水塔はいつ頃建てられたのか詳しい事はわかってないようですが、
余ったここへ水を貯めこみ、地元住民へ給水するために使われていたようです。


この貯水池を見て桑名市の散策も終了。
この日は泊まる紀伊勝浦まで電車で移動します。

桑名駅を出たのが16時前ですが紀伊勝浦駅にあるホテルに着いたのは22時半頃。
長い長い大移動でした(^_^;)

途中、多気駅で40分程の乗り換え時間があり、何か食べるものがあるのかと思ったら殆ど何もなく
駅前にあった小さな商店でドーナツ1つ買っただけ。。。
結局、朝から食べたものはアイスまんじゅうとドーナツだけどなりました(笑)
お腹すいてましたが、何より2日連続の大移動で疲れました。。。


気に入っていただけたならポチっとよろしくお願いします。
建物・街写真でのランキングに参加しています。

にほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ


スポンサーサイト

Comments

name
comment
comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可