Anthology -記憶の記録-

Home > 散策・建物 > 柏山邸お別れ会

柏山邸お別れ会

函館シリーズをアップしていますがここで少し中断。
タイムリーネタを紹介します。

今はありませんが秋葉原の交通博物館があった目の前に銅板建築があります。
建物好きな方なら知ってる方も多いと思われますが、
地域の再開発に伴いこの歴史的建物も一緒に取り壊される事になりました。

いつもの事ですが、再開発で失うものは多いですね。
残念な事です。。。

ですが、ご家族の好意により取り壊される前に興味ある人には見てもらおうと
周りの協力もあって先日、ライトアップを含む一般公開される事になりました。

平日の夜なのでどうかなぁ~と思ってましたが、偶然にも現場から直帰になり見に行く事が出来ました。
そんな写真を紹介していきます。

夕方5時半頃に着きましたが既に大勢のギャラリーがいます。
120912_173941_2_900.jpg

120912_180432_900.jpg


まずは1階のパネルを使った建物や周辺の歴史紹介です。
残念ながらパネルの撮影は出来ませんでしたが組合の旗だけ撮影させていただきました。
120912_174400_900.jpg

そして2階へ行く通路&作業場
120912_180249_900.jpg
この建物は池田屋と言う裏地屋さんだったのですが、家族と職人さんも含め9人で生活していたとの事。
この狭い場所でも1人は寝床にしていたようです。

2階
120912_175409_900.jpg

120912_174820_900.jpg

120912_175130_900.jpg

120912_175044_600.jpg

台所
120912_175235_900.jpg

2階から3階への階段にあるランプ
120912_175333_900.jpg
ここへ嫁いだ現在の主は勿体無くて一度も使った事がなかったとの事。
この一般公開の最終日に初めて点けたそうです。

3階
120912_175656_900.jpg
マンサードの屋根の形が押入れに表れています。

120912_175728_900.jpg

奥の部屋は子供が増えた事により増築したもの。
120912_180139_900.jpg

昭和初期は3階建ては認可されておらず、それでも家を広く使いたいと言う事から、
マンサード屋根にして3階部分を屋根裏部屋とする事で認可されたと言われています。

屋根裏部屋として登録してあるので3階は天井が低いと思ってたのですが予想外に高くて驚きました。
ここで家族5人で生活していたそうです。


こんな言葉がありました。

「立って半畳、寝る時は1畳あれば十分」
今の人は贅沢です。

心に留めておきたい言葉ですね。


内部を見た後はライトアップ。
120912_181037_900.jpg

見ていたギャラリーで一斉に拍手\(^o^)/

120912_181532_900.jpg

120912_182034_900.jpg

120912_183108_900.jpg

記憶に留めておきたい町並みですね。。。


気に入っていただけたならポチっとよろしくお願いします。
建物・街写真でのランキングに参加しています。

にほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ



スポンサーサイト

Comments

name
comment
きゃおきゃお : URL

#J2E4.bgw Edit  2012.09.17 Mon 08:16

さようなら、さようなら。

多くの方に見送られて 消えて行くんですね。

たくあん : URL

#HfMzn2gY Edit  2012.09.18 Tue 22:28

>きゃおきゃおさん

多くの方に見送られて幸せだったかもしれませんね

kozoh55 : URL

#NdYvUUU6 Edit  2014.07.08 Tue 22:18

こんな出会いってあるのですね、古くしっかりと作られて
時代を経て、どこもかしこも、無くなるゆく姿というより
これまでの長き役割を誇りにしている建物、ですね。
「見届けられた幸せ」というタイトルで今は無き建物を
紹介したくなりました。
たくあんさんのおかげです、良いものを見せていただき
感謝でございます、照明のお話は泣かせますね。
またお邪魔します。

たくあん : URL

#HfMzn2gY Edit  2014.07.08 Tue 22:31

>kozoh55さん

こうした機会と言うのは中々ないと思います。
運がとても良かったと思います。
こちらの家主の方も一生懸命見学者の方にもお礼をしていて
たくさんの人に見届けてもらえる姿を喜んでいるようでした。

comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可