Anthology -記憶の記録-

Home > 散策・建物 > 北斗市その3

北斗市その3

トラピスト修道院の入り口までやってきました
120821_082551_900.jpg

120821_083550_900.jpg

120821_084032_900.jpg

こうして見ると遠くから見えていた景色は門と聖堂が重なって見えていた事がわかります。

120821_083022_900.jpg

120821_083205_900.jpg

120821_083104_900.jpg

120821_082931_900.jpg

120821_083131_900.jpg

ここは往復葉書で事前に申し込むと門の中にも入れるようですよ。
男性のみですけどね。

電車の都合であまり長くいる事は出来ませんでしたが、想像してた通り素敵な場所でした。
しかし、この時間だとお土産屋さんがまだ開いてないのが残念。。。
どんなものが売ってるのか見てみたかったなぁ~


ポプラ並木の裏側は修道士の方が作業する農場が広がっていました
120821_090127_900.jpg


気に入っていただけたならポチっとよろしくお願いします。
建物・街写真でのランキングに参加しています。

にほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ


スポンサーサイト

Comments

name
comment
AzTak : URL

#xZCYq0Xc Edit  2012.11.05 Mon 11:59

さすが観想修道会だけあって厳しいですね。
カトリックには色々な修道会があります。私が通っているサレジオ会は、出来の悪い、あるいは、素行の良くない青少年を職業教育を通じてまっとうな人間にしていくことを目指している修道会です。
厳律シトー会(トラピスト会)は、在野の人とのかかわり合いを極力排除し、望んで門を叩いた人のみの集団です。ひたすら神と向き合う生活を送るべく、司教の干渉を受けない特権を有しているそうです。
まあ、生き方が違う集団です。彼らの生活を邪魔しないというのが、訪問を許された人の最低限のマナーのようです。

たくあん : URL

#HfMzn2gY Edit  2012.11.06 Tue 07:43

>AzTakさん

カトリックの方だったんですね。
こちらでは「祈れ、働け」の生活を厳しく守ってるようです。
一般の人がそんな生活をしてる方の邪魔をしてはいけませんね。
外観を見る事が出来ただけで満足して帰りました。

tama☆彡 : URL

#oMjkrawA Edit  2012.11.07 Wed 11:25

まとめて観させていただいています。
ときどき、贅沢をしてこの修道院でつくられたトラピストバターを買うのですが、その缶に描かれている絵と同じ(当たり前ですが)教会の写真がみれて、なんだかうれしいです(笑)
確かに、発酵バター以外に、どんなお土産があったのかとても興味深いですね。

たくあん : URL

#- 2012.11.08 Thu 08:57

>tama☆彡 さん

お久しぶりですね。
体調は回復されましたか?

こちらでのバターは通販されてるのでしょうか。
今度、缶の写真を探してみようかな(笑)

お土産屋さんは僕が帰る頃に開店準備始めてました。
でも、予定してた帰りの電車を見逃すと次は3時間後なのであまり余裕なかったんです。。。

comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可