Anthology -記憶の記録-

Home > 散策・建物 > 市川~行徳さんぽ・その7

市川~行徳さんぽ・その7

法華経寺は1253年(建長5)に創建された日蓮宗大本山の一つ。
国の重要文化財になっている歴史的建造物が多くありました。
でも、お寺を普段じっくり見る事は少ないので良くわかりませんが(^_^;)

なので軽く紹介

祖師堂
130309_124933_900.jpg

五重塔と大仏
130309_124715_900.jpg

四足門
130309_122015_900.jpg

花も咲き始めていたのでカメラを持ってきてる人も多かったです
130309_122741_900.jpg

130309_130133_900.jpg

130309_131508_900.jpg

ザクロをデザインした欄干
130309_132130_900.jpg
奥には鬼子母神があるんです。

参道から見る五重塔
130309_131842_900.jpg

最後のシメは船橋市のマンホール
130309_133122_900.jpg
ここまで書いて気づきましたが、下総中山駅周辺は船橋市だったようです(^_^;)
法華経寺は市川市だったけど。。。
デザインは市の花であるサザンカと関東近辺の海運に用いられた海川両用の廻船「五大力船」。


駅からずっと参道が続いていて気軽に歩いて行ける法華経寺。
とても大きな場所で寺社仏閣巡りが好きな人には楽しめる場所かもしれませんね。


気に入っていただけたならポチっとよろしくお願いします。
建物・街写真でのランキングに参加しています。

にほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ


スポンサーサイト

Comments

name
comment
comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可