Anthology -記憶の記録-

Home > 日常 > ライジング・ドラゴン

ライジング・ドラゴン

ライジングドラゴン

仕事を直帰出来て時間もあったので寄り道して映画を観てきました。
「ライジング・ドラゴン」
ジャッキー・チェンの最後のアクション超大作と言われているものです。

僕が初めてジャッキー映画を見たのは中学生時代。
偶然テレビで酔拳を見たのが始まりです。
ちょうどその頃は蛇拳や笑拳などテレビで放送していて食い入るように見ていたものです(笑)

その頃は将棋ばかり指していた頃でしたが、実は心の奥底では強い者への憧れもあって
そんな気持ちが一気に解放されたのかどんどんのめり込んでいきました。
映画の中でのジャッキーは優しい笑顔を持ちながら闘うと強いと自分の中ではモロに理想であり、
大人になった今でも憧れな気持ちは変わりません。

今回の映画はアジアの鷹シリーズの第三弾。
僕の好きなシリーズでもあります。

1番最初は1986年のサンダーアーム。
撮影中に頭蓋骨骨折なんて大怪我をした映画でした。
あの時は友達と一緒に放課後部活をサボって千羽鶴折ったなんて懐かしい記憶もありますが。

あれからもう25年以上が経つ。。。

今回の映画は今まで見てない人でも勿論楽しめるし、見てきた人ならより一層楽しめる内容になっている。
やっぱりジャッキー映画は彼自身が監督をした映画の方が面白い。
最近、暗い部屋にいると簡単に眠くなってしまうのでそれだけが心配でしたが、
そんな心配は全くいらず最後まで目を離せない、楽しさを驚きと感動と味わえた映画でした。

最後のNG集のエンドロールを見ていて思わず涙も出そうになりました(^_^;)
これで最後だなんて悲しいなと思いつつ、もう60前では仕方のないことかなと。

今まで楽しませてくれてありがとう~
これからは違った形での活躍を期待しています。


ライジングドラゴン_600
スポンサーサイト

Comments

name
comment
BigDaddy : URL

#X.Av9vec Edit  2013.04.18 Thu 19:26

ローラースケートでぶっ飛ぶ映画ですよね(笑)。しかし、この怪我の歴史、凄過ぎます。むしろ笑ってしまうくらいに・・・。

ブルース・リー、そしてジャッキー・チェン・・・、彼らに匹敵、凌ぐスターは出てくるのでしょうかね。一時期、ユン・ピョウが次を荷うなんて言われていましたが、どうも今一歩みたいで・・・。
しかも今調べたら彼ももう50を越えているとの事。

タイのトニー・ジャーの映画を何年か前に見ましたが、びっくりする程の凄いアクションなんですが、俳優としては微妙なんですよねぇ(笑)。

たくあん : URL takuan21a.blog35.fc2.com

#HfMzn2gY Edit  2013.04.19 Fri 23:03

>BigDaddyさん

そう、そんな映画です(笑)
もうケガしすぎですし、歳をとってのケガはそれこそ危ないですからアクションから身を引くのも頃合いなのかもしれませんね。

ブルース・リーからジャッキー・チェンへと繋がりましたが次は誰でしょうね~
ユン・ピョウも一時期人気ありましたけどね~
そう言えばブルース・リーの吹き替え(?)もやった事がありますね。

トニー・ジャーは「マッハ」でしたっけ?
見た事はありますし、たしかに凄いアクションでしたが、それだけかなぁ~(笑)

comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可