Anthology -記憶の記録-

Home > 散策・建物 > 京都近代建築への旅その8

京都近代建築への旅その8

今回1番楽しみにしてた日本聖公会聖アグネス教会です。
130427_093255_1050.jpg

130427_093839_1050.jpg

130427_094037_1050.jpg

130427_094053_1050.jpg

130427_095500_1050.jpg

130427_111953_1050.jpg
運良く扉が開いていて入る事が出来ました。
撮影許可を得る事が出来たので自由に撮影出来ました。
ここで満足してしまいましたが(笑)まだまだ続きます。


ここが妙に気になったんだけど方位が鬼門だから?
130427_112223_1050.jpg

単なる気のせいかな?ネット上で検索しても何も見つからなかったし。
130427_112026_1050.jpg

130427_100458_1050.jpg

130427_093356_1050.jpg

竣工:1898年(明治31年)
設計:J.M.ガーディナー


J.M.ガーディナーは外国人居留地である東京の築地にあった立教学校(現在の立教大学の前身)へ
米国聖公会から明治13年に派遣されていました。
後に立教大学の3代目校長となり、校舎も設計しています。

彼の作品は少ないのですが、北海道函館市の遺愛学院(旧遺愛女学校)本館
青森県弘前市の弘前昇天教会聖堂、横浜市の外交官の家(旧内田邸)が有名です。
この京都市内にも残されています。


そして隣接してある平安女学院
130427_101345_1050.jpg
この昭和館は1923年に建てられた登録有形文化財
130427_101255_1050.jpg

130427_101526_1050.jpg

道路を挟んで向かい側にはこんなレンガ建築もありました
130427_101825_1050.jpg



気に入っていただけたならポチっとよろしくお願いします。
建物・街写真でのランキングに参加しています。

にほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ

スポンサーサイト

Comments

name
comment
きゃおきゃお : URL わーっ いいなあ~!

#J2E4.bgw Edit  2013.05.13 Mon 22:44

改修前に、やはり見てみたいです。
2月に訪ねたとき、中の電気はついていましたが
扉は閉まっていました。
ステンドグラスの光が優しそうですね。

たくあん : URL

#HfMzn2gY Edit  2013.05.13 Mon 23:47

>きゃおきゃおさん

念願のアグネス教会の中を見る事が出来ました\(^o^)/
行ける日を2日組んでいたので何とかなればいいな~と思ってましたが
1回目の訪問で念願かないました(^^)

電気はついていなく外光のみでしたが、ステンドグラスの光が素敵でした。
改修工事前に見る事が出来ると良いですね。

Barba : URL

#aG3nx.6s Edit  2013.05.15 Wed 21:36

教会は、京都の文化財で、学校は、国の文化財になっているようですが、
そんなに違いがあるようにも見えませんが・・・

いずれにしても現役でがんばっていることに敬意!

たくあん : URL

#HfMzn2gY Edit  2013.05.19 Sun 20:45

>Barbaさん

アグネス教会は学校の礼拝堂として使われているので実は扉の向こうには通路があって~と
繋がっているんです。

学校も以前は見学可能だったようですが、今は一般公開された日だけのようですね。
中にはまだ文化財のレンガ建築あるんですよね~

comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可

Trackback

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

  1. Trackback
  2. 聖アグネス教会聖堂

    京都府庁近くにある平安女学院。 歴史を感じる校舎です。 京都御所へ向かう途中、タクシーの窓から 赤レンガの教会が見えました。 平安女学院の礼拝堂も兼ねている 聖アグネス教 きゃおきゃおの庭 - 2013.05.18 00:46