Anthology -記憶の記録-

Home > 散策・建物 > 京都近代建築への旅その23

京都近代建築への旅その23

西本願寺の東側には素敵なレンガ建築があります。
本願寺伝道院です。
130429_075458_1050.jpg

竣工は1895年(明治28年)
130429_075446_1050.jpg

設計は伊東忠太
130429_074533_1050.jpg

狭い道添いに建っているので全景を撮るのが難しい!しかも朝は逆光
130429_074725_1050.jpg

ずっと補修作業中でしたが、近年になってやっと全体を見る事が出来るようになったようです
130429_080045_1050.jpg

伊東忠太らしく妖怪らしき者がいっぱいいます
130429_075546_1050.jpg

130429_081324_1050.jpg

130429_080928_1050.jpg

この後は電車に乗って移動です。


気に入っていただけたならポチっとよろしくお願いします。
建物・街写真でのランキングに参加しています。

にほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ

スポンサーサイト

Comments

name
comment
BigDaddy : URL

#X.Av9vec Edit  2013.05.31 Fri 18:54

この記事のコメントではないのですが、先日お伝え頂いた清水坂小学校周辺のかつて川だった道、おばちゃんからここは昔川だったなる話を聞いた、なるお返事をした件について。

これ調べてみました。何年か前、十条の自衛隊方面から環七の姥ヶ橋を越えて、赤羽西方面へ散歩写真した際に確かに姥ヶ橋のたもとから延びる道はくねくねしていて、また周囲の家々が高い壁の上に建っている、それを見て川かな?、と感じたのと、地図で確認すると、おばちゃんから話を聞いたのが恐らく十条仲原四丁目付近だったと思うので、かつての稲付川だったようで、小学校までそれがあった、なる情報も幾つかネットで見つけられました。

貴重な情報、どうもありがとうございました。


google earthで地形図をレイヤーして見ても、その部分が谷間になっているのを確認出来、まさにあの周辺は台地の際なんですねぇ。それを知り、また姥ヶ橋から歩いてみようと思いました。



たくあん : URL

#HfMzn2gY Edit  2013.06.01 Sat 00:33

>BigDaddyさん

色々と調べられたのですね。
あの川は稲付川、もしくは北耕地川と言います。
実は姥ヶ橋よりもっと西の中板橋駅付近から繋がっていまして
板橋区内の日曜寺や智清寺には橋の痕跡も残されています。
家と家の隙間の段差や姥ヶ橋までの間にはくねくね道や緑道のようになっていたりと
暗渠を思わせる雰囲気もあります。

そうそう、子供の頃、小学校付近の暗渠には水車の歯車(?)も放置してあったんですよ。

游鯉園の坂や稲田小学校付近には暗渠の説明板もありますし、
北本通りの向こう側には暗渠の出口も見る事が出来ます。

姥ヶ橋から清水小学校付近までは支流らしき道もたくさんあるのでここの暗渠探しは結構楽しめると思います。
こんな事書いていますが実はまだアップした事がないんですよね(^_^;)

たぬちゃん : URL こないだ

#g7Hlcesk Edit  2016.07.28 Thu 22:18

ココ、当然たくあんさん知ってるだろうな~って思った
やっぱりありましたね、記事(笑)

へんなオブジェの付いた柵?がおもしろいな、と思って
ワタシも写真撮りました

京都にはみどころいっぱいだね~!

たくあん : URL http://takuan21a.blog35.fc2.com/

#HfMzn2gY Edit  2016.08.03 Wed 00:33

>たぬちゃん

コメント遅くなり申し訳ありませんでした。

ここへ来たのは3年前。
急遽決めた京都への煉瓦&近代建築の旅でした(^_^;)

伊東忠太が造る建造物には妖怪や動物がいつもたくさんいるんですよ。

comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可