Anthology -記憶の記録-

Home > 散策・建物 > 京都近代建築への旅その28

京都近代建築への旅その28

西本願寺へやってきました。

でも、これは午前中に撮った写真(^_^;)
130429_082400_1050.jpg

重要文化財の唐門
130429_154336_1050.jpg

こちらへ着いたのはもう3時半過ぎ。。。
連日、大阪の友達と会っていて深夜12時頃にホテルに着いて寝るのが2時頃。
朝は5時半頃には起きて6時半には出発。
そして初日は35823歩、2日目は34327歩と連日の3万歩超え。

そんな日々もこの3日目になると体力の限界が来たようで、ここで力尽きてました(^_^;)
遠くでは汽笛も聞こえているので行ってみたかったんですけどね~
せっかく今回は広角レンズも持っていたのですが。。。

130429_155503_1050.jpg

130429_155827_1050.jpg

130429_155619_1050.jpg

130429_155929_1050.jpg

130429_160041_1050.jpg

疲れたし、早めに京都駅へ向かうか~と、のんびり歩いていると古い住居表示を発見
130429_161753_1050.jpg
京都の住所ってどこもこんな風に長いんですよね。

今回、行きたい住所を地図で検索しても中々ヒットしない事も多くて結構たいへんでした。
HPに書いてある住所でもヒットしないってどういう事って(^_^;)


京都駅
130429_163821_1050.jpg

130429_163446_1050.jpg
何で京都駅なのにこんな近未来的なデザインにしたんだろ?と見るたびにそう思います。
町中の看板などは茶色にしたりと景観を考慮してるのに。
外観じゃないからいいって?
でも、京都駅に着いて新幹線から降りた時の印象も大切だと思うんだけどな~外国人観光客も多いんだし。


そんな京都駅では結婚式が行われていました
130429_163957_1050.jpg

ついつい見ていたら「どうぞぞうど」と花びらを渡され歩いてくる2人にかけてあげる事に(^_^;)
いきなりの飛び入り参加でした。


と、これで京都旅行の2泊3日の旅はおしまいです。



いきなり決めた京都だったので調べも少し足りませんでしたが、それでも全部回りきれる程の時間も体力もなく
いつもと同じようにやり残しがあるまま帰る事になりました。

近代建築をメインに歩いてみた京都でしたが、やっぱり見応えはありましたね。
そして、下調べの最中に気づいていましたが、いつも以上にたくさん歩いて多くの建築を見る事になりました。

それは建物内部の見学を出来るところが少ないと言う事。
外観を見ておしまいが多いので移動が早くて多いのです。

例えば横浜や昨年行ってきた函館は中を見学出来るよう公開している洋館が多いのですが
京都になるとそれは学校や銀行、レストランなど限られた場所だけになるんですよね。
つまりは見せるためだけでなく、現在も使われている洋館が多いと言う事です。
建物は使ってこそ生きると思いますが、見れないのは残念でもありますね。

京都はまだ見たい建物はあるけれど、今度またこんな風にメインで撮り歩きするのはまだ先でいいかな。
博物館の工事が終わったらでいいかも。
清水寺も工事に入るようですし。。。


帰宅してみると、この3日目も3万3千歩を超えていて3日間の歩数は10万歩を超えていました。
普段から撮影の時は歩きすぎと言われる位歩いていますが、3日連続で3万歩を超えたのは初めて。

こんな負担をかけたからこそ腰も悪化したのでしょうね(^_^;)
今でも重たいカメラ持って1日中歩くのはちょっと無理みたいなので気をつけています。。。

皆さんも撮影に夢中になって体を壊す事のないようにしましょうね(笑)


気に入っていただけたならポチっとよろしくお願いします。
建物・街写真でのランキングに参加しています。

にほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ




スポンサーサイト

Comments

name
comment
106 : URL

#Mom3fmKk Edit  2013.06.07 Fri 00:21

無茶してるな〜とは思ってましたが予想以上
連日の3万歩越えはレッドブルを飲んでも厳しい
日頃の体力づくりが重要になりますね
コンデジにしたらフットワークが軽くなるのは分かってますが妥協出来ないんですよね

たくあん : URL

#HfMzn2gY Edit  2013.06.07 Fri 00:30

>106さん

歳を重ねて体力が落ちたな~と思っていますが、これでも元気な部類らしいです(笑)
首と腰、膝と悪い箇所が多いので気をつけてはいるのですが、
負担をかけると簡単に悪化するのが困りものです。

コンデジだとそんな負担ともおさらば出来ますが、撮る気合いも落ちる気がします。
それでも、一眼レフカメラの重さに耐えるのがどうしても無理ならば
最終的にはミラーレスやコンデジなどになっていくでしょうね。。。

comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可