Anthology -記憶の記録-

Home > 散策・建物 > 長崎さるく・その51(レンガの小路)最終回

長崎さるく・その51(レンガの小路)最終回

旧唐人屋敷の付近の小路をぶらぶら歩きます
130830_152059_800.jpg

川のように見えますが、実はこれは唐人屋敷があった当時のお堀。
130830_152353_800.jpg
このように外界と分けていたのですね。

そんなお堀に架かるアーチの石橋
130830_152327_1200.jpg
竣工は1892年(明治25年)。
この橋は唐人屋敷の歴史から見ると新しいもののようです。


こんな路地を歩いていると段々のレンガ塀があったり
130830_152511_800.jpg

お屋敷のレンガ塀があったり
130830_152552_1200.jpg

分岐道にはこんな素敵なレンガ塀も
130830_152706_1200.jpg

フランス積みのレンガ塀ですね
130830_152813_1200.jpg

130830_152936_1200.jpg
レンガ塀、それぞれに歴史が色々とあるのでしょうね。
予想をはるかに上回る素敵な小路でした。

先にも書きましたが「さるく」とはぶらぶら歩くと言う意味。
シリーズ最後は町中をぶらぶら歩いてみました。

撮影を終えて、空港に向かうバスに乗った頃には既に大雨。
朝から降ったりやんだりの繰り返しでしたが、この町歩きの時にはやんでくれて助かりました。



こんな路地裏を一眼レフで撮るのは音が目立つので嫌なのですが、
実は今回の旅行前にカメラをキヤノンの6Dに買い換えていました。

このカメラはシャッター音が小さく、しかもGPS機能付きです。
こんな路地裏で撮っていても音では目立たないのが良いです。
フルサイズになった事で今まで以上に広角は使えるようになり、GPSで撮影場所も記録出来ます。
レンガ塀や境界石やマンホールなど、後でどこで撮ったのかわかるし便利ですよね(笑)

欠点はやはり今までより重たい事。
本体は小さい、軽いと宣伝していますが、レンズがどうしても重い。
それは首や腰への影響もかなり大きくなるので今後の付き合い方も色々と変わるかもしれません。
高感度と広角に関して言えば今まで使ってた60Dより良いんですけどね。
サブとしてミラーレスカメラも欲しいな~


これで長々と続いた長崎シリーズはおしまいです。
お付き合いありがとうございました。
しっかり見てる人がどれだけいるのか全くいないのかはわかりませんが(笑)
自分もブログにアップする時に初めて写真を見る状態だったので全部を見終えるまでにかなり時間がかかりました。

いつもは雨や嵐に見舞われる事の多い一人旅ですが、今回は初日だけで済んでくれて助かりました。

振り返ってみると枚数が多いのは勿論ですが、行った場所もかなり多かったようですね。
我ながら良く行ったな~と思います。
これからまたいずれもう1つのブログでもアップしていきます。



オマケで空港で食べた食事を紹介

長崎名物のあごだしラーメン
IMG_5733_600.jpg

そしてミルクセーキ



長崎でミルクセーキと言えば食べ物なんですね。
IMG_5735_600a_20131103163246b98.jpg


おしまい

気に入っていただけたならポチっとよろしくお願いします。
建物・街写真でのランキングに参加しています。

にほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ


スポンサーサイト

Comments

name
comment
106 : URL

#X.Av9vec Edit  2013.11.09 Sat 07:47

私の知らない長崎が盛りだくさんでした
その情報収集能力には感服いたします
説明が無ければただの川にしか見えませんね ^^
高低差の激しい土地柄で東京を散策するよりはるかに疲れたと思います

たくあん : URL

#HfMzn2gY Edit  2013.11.09 Sat 12:44

>106さん

今回は5泊6日と長かったのでコースを決めるのには結構悩みました。
これだけ行っても時間がなく諦めた場所も数多くありますし、
大した写真がなく載せてない場所もあります。
長崎は見どころ満載でした。

函館もそうでしたが、坂道が多い町を歩くのはやっぱり大変ですね。

comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可