Anthology -記憶の記録-

Home > 散策・建物 > 志木市に残るレンガたち(その1)大小合併門樋

志木市に残るレンガたち(その1)大小合併門樋

東武東上線の志木駅よりバスで埼玉県志木市上宗岡1丁目へ。
ここは市立宗岡中学校の東側にある水路
150502_122805_1200.jpg

そこにはレンガ造りの門樋が残されています。
150502_122256_1200.jpg

150502_122415_1_1200.jpg

「明治三十一年二月竣工」と書かれています
150502_122408_1200.jpg

道路の反対側に回ってみる
150502_123035_1200.jpg

150502_123101_1200.jpg

上の写真を拡大してみると「大小合併門樋」と書かれています
150502_123101_1200-2.jpg

水位が上がると門が閉じる仕組みになっているようです
150502_123923_1200.jpg

その脇には「開化橋」も
150502_122922_1200.jpg

150502_122931_1200.jpg

地元では「むじな橋」と呼ばれていたようです
150502_122940_1200.jpg


気に入っていただけたならポチっとよろしくお願いします。
建物・街写真でのランキングに参加しています。

にほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ


スポンサーサイト

Comments

name
comment
ゆきたんく : URL あら。

#3v9IlUEY Edit  2015.08.09 Sun 07:26

素晴らしい遺構ですね。
今度行ってみます。
女房の実家が志木市なもので。
それに、28年前にこの場所から直線で200mのところに住んでいました。
当時は遺構に興味がなかったですからね。
「その2」にも期待します。

たくあん : URL

#HfMzn2gY Edit  2015.08.14 Fri 00:49

>ゆきたんくさん

お返事遅くなり申し訳ありません。

ご近所さんだったのですね。
志木市には水門に関する煉瓦が多く存在していたようです

comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可