Anthology -記憶の記録-

Home > 散策・建物 > 苗間神明神社の燈明台

苗間神明神社の燈明台

志木市のレンガ達を色々と見たあと、時間があったのでふじみ野駅へ。

苗間神明神社の燈明台です。
150502_161049_1200.jpg

150502_160941_1200.jpg

150502_155214_1200.jpg

150502_160139_1200.jpg

150502_160504_1200.jpg

150502_160424_1200.jpg

こちらはずっと以前に撮影しているのですが、ブログで紹介する前にHDDを壊してデータを無くしていました。
この界隈は他にも色々と撮影していたんだけどな~(>_<)

撮影していると自治会の方が「この屋根は夏には交換するからしっかり撮影しておいた方が良いよ」と言っていました。
この撮影は5月の事。
もしかすると既に変わっているかもしれません。


高さ6メートル、屋根以外のすべてをレンガで積み上げた燈明台です。基台の上に板張りの塔を建て、頂上の部屋の四方に窓をあけ、中に燈明を設置する江戸時代以来の燈明台を踏襲したものです。明治期、当時の苗間村の村内安全を祈願して、神名神社に奉納されたものです。明治の文明開化後の新しい時代を象徴するレンガ積みのものとして風格があり、近隣にも例類をみないものです。
※現地案内板より


気に入っていただけたならポチっとよろしくお願いします。
建物・街写真でのランキングに参加しています。

にほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ


スポンサーサイト

Comments

name
comment
comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可