Anthology -記憶の記録-

Home > 散策・建物 > 神戸・異人館街(その1)ベンの家

神戸・異人館街(その1)ベンの家

今年の夏休みは念願だった神戸へ。
しばらく、神戸の洋館を紹介していきます。

まずは「ベンの家」
150809_100453_1200.jpg
イギリスの貴族、ベン・アリソンの家です。
竣工は1902年(明治35年)

こちらで共通券を購入して異人館巡りをしていきます。

入口脇にはレンガ塀
150809_100711_1200.jpg

このレンガはドイツから取り寄せたそうです。
150809_100724_1200.jpg
道路からは全くわかりませんでしたね。


そして内部へ
150809_101456_800.jpg

剥製がたくさん!
150809_100854_800.jpg

この暖炉に火を入れると建物全体が暖かくなるような仕組みになっているとの事。
150809_100928_1200_20151002150315b93.jpg

ステンドグラス
150809_101325_1200.jpg

階段
150809_101429_1200.jpg

実は剥製を見た瞬間に何だか気持ちが冷めてしまいました。
建物を見せると言うより調度品を見せるような感じ?
横浜山手の洋館でやっているイベントのような感じがしてしまったんです。
(山手の洋館を撮影しに行く時はイベントの無い時に行きたい人なのです(^_^;))

とりあえずここでは広角レンズの出番は無く、少し覚めた気持ちで建物を出ました(^_^;)

気に入っていただけたならポチっとよろしくお願いします。
建物・街写真でのランキングに参加しています。

にほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ


スポンサーサイト

Comments

name
comment
comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可

Trackback

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

  1. Trackback
  2. 神戸中央区#12 ベンの家と仏蘭西館

    猟銃家ベン・アリソンの家 通称ベンの家 竣工明治35年 所狭しとコレクションが展示されてる そして、お隣の洋館長屋(仏蘭西館) 旧ポシー邸 竣工明治37年 展示物がこれだけはっきりと違うと写真の整理も楽である どこまでがベンの家だった?何て事はない ... 本日も建築散歩日和 - 2015.10.21 22:44