Anthology -記憶の記録-

Home > 散策・建物 > 神戸・異人館街(その4)萌黄の館

神戸・異人館街(その4)萌黄の館

萌黄の館
150809_113653_1200.jpg

竣工は1903年(明治36年)
150809_113404_1200.jpg
アメリカ総領事の邸宅として建てられました。


庭には震災の時に崩れ落ちたレンガ煙突がそのまま置いてありました
150809_113347_1200.jpg

150809_113621_1200.jpg

そして建物内部へ

150809_110529_1200.jpg

150809_110422_1200.jpg

150809_110506_1200.jpg

150809_111619_1200.jpg

150809_113043_2_1200.jpg


気に入っていただけたならポチっとよろしくお願いします。
建物・街写真でのランキングに参加しています。

にほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ

スポンサーサイト

Comments

name
comment
comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可

Trackback

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

  1. Trackback
  2. 神戸中央区#17 萌黄の館

    アメリカ合衆国総領事ハンター・シャープ氏の邸宅として 明治36年(1903年)に建築された その後、小林秀雄(神戸電鉄社長)が 1944年〜1978年まで所有 それまで 白い異人館 と呼ばれていました その後の解体修理で本来の外壁の色に復元 今日では 萌黄の館 と呼ばれています 阪神淡路の震災で煙... 本日も建築散歩日和 - 2015.10.21 22:49