Anthology -記憶の記録-

Home > 散策・建物 > 神戸・相楽園(その1)旧小寺家厩舎

神戸・相楽園(その1)旧小寺家厩舎

神戸市に戻り相楽園にやってきました。

相楽園は、元神戸市長 小寺謙吉氏の先代小寺泰次郎氏の本邸に営まれた庭園で、
明治18年頃から築造に着手され、明治末期に完成したものです。(HPより抜粋

日本庭園で有名なようですが、目的はこのレンガ建築、旧小寺家厩舎です
150810_140426_1200.jpg

竣工は1910年(明治43年)頃、設計は河合浩蔵。
重要文化財です。


東側は馬房
150810_140533_1200.jpg

塔屋は階段室です。
150810_140451_1200.jpg
この階段室は見てみたいですね~

正面は馬車などを格納する車庫
150810_142430_1200.jpg

150810_142456_1200.jpg

2階には厩務員のための宿舎
150810_142420_1200.jpg
ハーフティンバー様式ですね


気に入っていただけたならポチっとよろしくお願いします。
建物・街写真でのランキングに参加しています。

にほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ

スポンサーサイト

Comments

name
comment
comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可

Trackback

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

  1. Trackback
  2. 相楽園 旧小寺家厩舎

    水の科学博物館からは入口が逆でした 受付で入園料300円を支払い その先には、まだ建物は見えませんでした 中はどうなってるのかな〜と思っていたら 庭師の方?が扉を開けたまま中に入って行きました チャンスは逃さず覗いてみた 竣工:明治43年... 本日も建築散歩日和 - 2015.11.23 22:20