Anthology -記憶の記録-

Home > 散策・建物 > 神戸・異人館街(その16)

神戸・異人館街(その16)

またふらふらと歩き始めます。
実は神戸行きを決定してから下調べの時間が全然足りなくて、大まかには旅行雑誌と、その他はネットで少々調べただけ。
この異人館街にこんなにも多くの建物がある事は全然知りませんでした。


この建物は何だろ?
150811_095822_1200.jpg

現地にはプレートが無く、結局はわからないままです
150811_095856_1200.jpg

「GRACIANI」の看板があってメニューが書かれていたのでレストランだな~と思っていたのですが、
帰宅後調べてみると1908年(明治41年)に竣工された旧グラシアニ邸との事。
150811_100701_1200.jpg


しかし、2012年に不審火で全焼してしまい、現在のこの姿は復元されたもの。
150811_100237_1200.jpg

シュウエケ邸を見に行くと隣にも情報のない木造の洋館がありました
150811_100835_1200.jpg

結局この建物はわからないまま。。。
150811_100858_1200.jpg

そしてこちらがシュウエケ邸
150811_100933_1200.jpg
竣工は1896年(明治29年)
現在はシュウエケさんが住んでいるのですが、庭園と建物内の一部を公開中との事。
ですが、この日は残念ながら定休日。。。

脇にまたそそるような路地があったので入っていくとここでも洋館を発見♪
150811_101209_1200.jpg
キャサリン・アンダーセン邸との事。
竣工は1899年(明治32年)

そして疲れたのでバスでも乗るか~と思い、バス停に向かうとここでも洋館を発見!
150811_103059_1200.jpg
中華料理店の東天閣です。

竣工は1894年(明治27年)
F.ビショップの邸宅として建てられたもの。
150811_103039_1200.jpg
後の昭和20年に中華料理店として活用される事になったようです。


そして道路の向かい側にあったレンガ塀
150811_103430_1200.jpg

まだこの付近にはレンガ塀も洋館もあったと知るのは帰宅後の事でしたが、北野異人館街での撮り歩きは以上です。


気に入っていただけたならポチっとよろしくお願いします。
建物・街写真でのランキングに参加しています。

にほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ


スポンサーサイト

Comments

name
comment
comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可