Anthology -記憶の記録-

Home > 散策・建物 > 煉瓦散歩#1

煉瓦散歩#1

10月の事ですが、煉瓦の案内をして欲しいと頼まれ合計15人程で十条~王子と歩き、
都電に乗って荒川遊園や三河島汚水処分場を見学する「煉瓦散歩」をしてきました。

9時に十条駅前で集合。
その時、スタッフの1人から品川煉瓦の刻印入りお菓子をお土産にいただきました\(^o^)/
151031_084950_1200.jpg
上手に撮れてなけれど、SHINAGAWAと書かれています。
特別につくっていただいたそうです。

そして歩き始めます
まずは踏切沿いにある巨大なコンクリートの壁
150905_125317_1200_2015120607354835d.jpg

裏へまわると実は煉瓦造り
151031_092206_1200.jpg

ここは旧陸軍時代に造られた煉瓦塀だったのです。
線路側はきっと補強の為にモルタルを塗っていたのでしょう。

ここでスタッフの方から補足
151031_091453_1200.jpg
大きなスケッチブックを持ってるな~と思っていたらこんな案内をする為だったんですね。
この方はプロなので普段からこんな案内をする事に慣れているのです。
さすがですね!

駐屯線と書かれた電柱
151017_092933_800.jpg


そして十条駐屯地
150905_125818_1200_20151206074722531.jpg

こちらで使われている煉瓦は再利用したもの
150905_125840_1200_2015120607472433d.jpg

こちらで使われている花壇をよーく見てみると刻印がありますね。
これは「上敷免製」と書かれたもので日本煉瓦製造(株)で造られたものだとわかります
150905_130041_1200_201512060747275d5.jpg

そして桜は小菅。
150905_130104_1200.jpg

そしてこれは縦文字で「日本」と書かれています
150905_130056_1200_20151206075405ce9.jpg
こちらも日本煉瓦製造(株)ですが昭和に造られたものです。
年代によって刻印も変わっているのです。

他にも刻印は色々とありましたよ。

刻印の存在を知ってもらったあとは煉瓦造りの北区立中央図書館へやってきました
150905_141332_1200_20151206075854c9f.jpg

この写真は図書館になる前の10年前の姿
IMG_4169_1200.jpg
こちらは旧陸軍時代の建物で銃の弾薬を造っていた工場だったのです。
長い間廃墟のままだったのですが、2008年に図書館として生まれ変わりました。

ここでは図書館の中を軽く見てもらったあと、刻印探しタイム
やはりこういうのは楽しいのですよね。
絶対に楽しんでもらえるよ~なんて下見の時に話してたのですが、予想通りの反応で嬉しかった(^^)

150905_135817_1200_2015120608535518b.jpg

150905_140229_1200_20151206085357c2e.jpg
ここでは数多くの刻印を見る事ができます。
殆どが北区にあった工場で製造されたものですが、不明な刻印もあります。

途中、何本かの陸軍用地の境界石を見て
150919-143839_1200.jpg

数か所でこんなレクチャーを受けました(^_^;)
151031_112132_1200.jpg
そんな時、偶然にも地元のおじいちゃんから川が向こうから流れてきて
石神井川に落ちる滝があったんだよ~との話しを聞く事が出来ました。
実はここで内心「そうか!」と思う事がありました。

王子にある旧酒類総合研究所を見て午前の部は終了
151031_115008_1200.jpg
実はこの土地も酒類総合研究所になる以前は徳川幕府が反射炉をつくろうとしていた場所。
その為に動力用水車が必要となり千川上水から分水して隅田川までの間、この土地の近くに川を引いていたのです。
明治になり軍用地になり、紡績会社になり~と時代によって土地利用は変化しています。

詳しい事はこちらのリンク先を見るとわかります。
http://www.kiccproject.org/about/pg2.html
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%96%A2%E5%8F%A3%E8%A3%BD%E9%80%A0%E6%89%80

多分、先のおじいちゃんが言っていた向こうの川と言うのはきっとその分水した川の事。
何となくですが、この煉瓦建築の近くには暗渠らしき面影があります。
当日、みんなに配った古い地図にはその川が載ってるけど気づいたかな?
説明不足ですみません(^_^;)


午後は都電荒川線に乗り込み荒川遊園へ
でも、その前に船方神社の煉瓦蔵
151017_141350_800.jpg

通風口の中
151017_141207_1200.jpg

奉納 廣岡幾次郎
151017_141530_800.jpg

近くに落ちていた黒い物体は緩(からみ)煉瓦
151031_135936_1200.jpg
後日調べてわかったのですが、現在の豊島五丁目団地は日産化学工業王子工場だった跡地。
「硫酸製造後の含銅硫化鉱滓から銅を精錬した、その滓を型に入れてかためた(長方形)ものが
からみれんがとして道路敷に使ったようです」と書かれていました

http://www.city.toshima.lg.jp/129/bunka/bunka/shiryokan/kankobutu/kataribe/documents/kataribe61.pdf



そして荒川遊園の周りを長い煉瓦塀が囲みます
151031_142946_1200.jpg
都内ではここまで長い煉瓦塀は多くはないので皆さん驚いていました。
実は荒川遊園が出来るずっと前は煉瓦工場だったのですが、そこの工場長が先に書いた廣岡幾次郎さんなんです。

そしてこの日最後の場所は旧三河島汚水処分場
151031_151430_1200.jpg

重要文化財であるこの施設は近年になって週末でも予約をすれば見学出来るようになりました
151031_154224_1200.jpg

何度か来ているのであまり撮影はしていませんが僕にとってのメインはこちら
151031_161321_1200.jpg
ここの施設の煉瓦建築は煉瓦タイルなのですが、これだけが煉瓦積みで以前から気になっていたのです。
それで今回お願いして近寄って見せていただく事に♪

すると驚いた事にここには刻印があったんです
151031_161240_1200.jpg
夕方遅く暗くなって、このコンデジだとズームが足りないので良く見えませんが「T.B」の刻印がありました。
現在の鹿浜周辺にあった東京煉瓦株式会社の刻印です。
この日、案内係でありながらここが1番の興奮した場所でした(^_^;)
初めて見る場所ですし♪

他にも予約しないと入る事の出来ない地下
151031_155730_1200.jpg

151031_155535_800.jpg
感動的な景色です。
今回のメンバーはマンホールや送水口など水に関するインフラが好きな方々なので(勿論、路上観察も)
この施設での見学は1番興味深いものだったと思います。


実は、このコースをスタッフで下見していたのですが駅前でいきなり声をかけてこられたおじさまがいました。
話しを聞くとご近所の方でどんな街歩きをするのか興味がとってもありそうなご様子。。。
なので、連絡先を交換してこの本番当日に来てくださいました。
後日メールでは楽しんでいただけたとの事だったので一安心。

この日のコースは過去に何度も見て歩いているので僕にとっては地図はいらないのですが、
たくさんの目があれば色々な視点があり、新発見もありました。

直接面識の無い方々も多く、そんな方々を案内する事は初めてだったので緊張ばかりしていたのですが、
終わってみれば皆さん喜んでくれたようで、後日に案内した方から◯◯で煉瓦を見つけたと報告もあったりと
次に繋がる事が出来た1日だったのかな~と思いました。
こんな事をキッカケに興味を持ってくれる人が少しは増えたら嬉しいです。

下見ではもっと多くの煉瓦を案内していて、本番当日ではかなり絞って案内しました。
石神井川付近や都電沿いは数多くの煉瓦が残されています。
荒川沿いに多くの煉瓦工場があったり、軍施設が多かった影響です。
調べればまだまだ面白い情報がありそうですね。


気に入っていただけたならポチっとよろしくお願いします。
建物・街写真でのランキングに参加しています。

にほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ



スポンサーサイト

Comments

name
comment
comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可