Anthology -記憶の記録-

Home > 散策・建物 > 母校を訪ねる

母校を訪ねる

僕の母校はこの4月から統合される事と決まり、その前に写真でも撮っておこうと思いました。
2月の事です。

北区立清水小学校です
160211_155801_1200.jpg

160211_155919_1200.jpg

160211_155939_1200.jpg

裏門にまわってみると門は工事中。
話しをしてみると入ってもいいよとの事でしたので久しぶりに校庭に足を踏み入れました。

160211_160404_1200.jpg

辛い事はいっぱいありましたが、楽しかった事もあったかな(^_^;)
色々な思いがあります。

プール
160211_160446_1200.jpg
プールの向こう側は赤羽線。
万年塀の下側が壊れていて穴をのぞくと電車が怖い位に近くを走り抜けていきます。

体育館
160211_160419_1200.jpg
この体育館を見ると当時、膝がもう治らないと友人に呟いていた事を思い出します。
高学年になった頃は体育の授業はずっと見学だけでしたした。
整形外科には小学校に入る前からずっと通い続けていたのですが、全然良くならなかったのです。
今思えば、きっとあの時に膝の事は一生付き合っていくものだと覚悟した時でもあったような気がします。

大人になれば治るとずっと言われ続けていましたが(成長期だと言われていた)
幼稚園に上がる前からずっと痛みを訴えていたようで、
この歳になっても痛みは残ってるし、関節がずれやすくなっています。

ホントに成長期???
捻ると簡単にはずれるのでそれだけは今でも要注意。

それでも高校生の時は合気道、社会人なってから野球は15年程やっていたし、ボウリングは今でも出来ている。
そして重たいカメラリュック背負って撮り歩きも出来ている。
そう、悲観するものでもありませんね。

勿論対策はしているのですが、大人になってからの方が調子は良いようです。
きっと筋肉でカバー出来ているのでしょう。
今では他にも色々とガタがきていますが(笑)

160211_160558_1200.jpg

校庭の一部には清水庭園と呼ばれていた場所もありましたが、水は枯れてしまったのかな?
160211_160715_1200.jpg
清水小学校の名前の由来となった場所でもあります。

今度は校庭側から青空の時にもう1度来よう~なんて思ってるうちに年度は変わってしまいましたが。。。
それでも、最後に見ておく事が出来たのは良かったかな。


当時、この学校のすぐ隣には古い木造の長屋がたくさんありました。
子どもの頃は国鉄の官舎だと聞いていました。
今では清水坂公園と呼ばれる場所です。

でも、そこは取り壊される事が決まっていたようですが、そこに住んでいた生徒達も多くいました。
生徒はどんどん減っていき近年では卒業生が10数人だった事もあったようで
そんな事から近所の学校と統合される事が決まったようです。

今後は新しい場所で学校が始まるようですが、現在は建築中でまだこの校舎は使うとの事。
その後はどうなるのでしょうね。



せっかくなので通っていた幼稚園にも久しぶりに訪ねてみました。
清水小学校からすぐ近所です。

今ではマンションになってます(笑)
160211_161525_1200.jpg
ずっと以前は駐車場でした。
もう、いつだったか忘れてしまいましたが、時代の流れとともに子供が減ってしまっていたのでしょうね。
社会人になって少しして見に行った時にはもうありませんでした。

当時通っていた幼稚園は清和幼稚園。
園長先生の家はまだあったし、「清和」名前も残っているのできっとオーナーさんは同じ家族の方かもしれません。

そして、この廃墟ちっくな建物は体育館(?)として使っていた場所
160211_161512_1200.jpg

ここへ来るとこの入口付近で大きな積み木(?)を足の指の上に落とし爪がダメになった事を思い出します(笑)
160211_161440_1200.jpg

今でもよく覚えているので相当痛かったのでしょうね。
160211_161411_1200.jpg

こちらの建物もいつまで残されているのか気になるとこです。


気に入っていただけたならポチっとよろしくお願いします。
建物・街写真でのランキングに参加しています。

にほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ

スポンサーサイト

Comments

name
comment
comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可