Anthology -記憶の記録-

Home > 散策・建物 > 江の島サムエル・コッキング苑

江の島サムエル・コッキング苑

毎年、春先に公開している江の島のサムエル・コッキング苑。
今年になってやっと行くことが出来ました。

明治時代の英国人貿易商「サムエル・コッキング」が1882年に開園させた植物園です
160515_102623_1200.jpg

煉瓦が敷き詰められています
160515_110757_1200.jpg

実はここに刻印がたーくさんあるのです
160515_103206_1200.jpg

160515_103359_1200.jpg

これは横浜煉化製造会社
160515_111154_1200.jpg
他にもいっぱいありましたが不明な刻印ばかり。
いずれ全部解明出来ると良いんですけどね。

そして、一般公開時には地下通路に入る事が出来るんです♪
160515_103726_800.jpg

160515_104320_800.jpg

地下通路の壁はフランス積み
160515_103826_800.jpg

この部屋は貯炭庫と呼ばれるところ
160515_103909貯炭庫_800
熱帯の水棲植物も育てていたので温室構造にもなっていたのです。


気に入っていただけたならポチっとよろしくお願いします。
建物・街写真でのランキングに参加しています。

にほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ


スポンサーサイト

Comments

name
comment
comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可