Anthology -記憶の記録-

Home > 散策・建物 > 埼玉県の煉瓦巡り(その2)三軒家樋管、旧川越電気鉄道の煉瓦橋台

埼玉県の煉瓦巡り(その2)三軒家樋管、旧川越電気鉄道の煉瓦橋台

三軒家樋管
160716_093617三軒家樋管_1200

竣工は1910年(明治43年)
悪水を新河岸川に吐くためにつくられたものです。

右から三軒家樋管と刻まれた石があるのがわかります
160716_093645_800.jpg
今観ている姿は下流側の吐口で2連アーチ、そしてアーチ部は3重巻。

そして上流側の呑口側へ
160716_093345三軒家樋管_1200

明治43年5月成 と、刻まれた文字が見えます
そして、アーチは1つで4重巻きです
160716_093514_1200s_201608310023209bc.jpg

刻印は見つからず。。。
160716_093536_1200.jpg

そして、僕の利用しているグーグルマップにマーキングがしてあったので立ち寄ってみると・・・煉瓦がありました。
160716_100531_旧川越電気鉄道・煉瓦橋台1200

すっかり忘れていましたが、旧川越電気鉄道の煉瓦橋台の一部です。
車を出してくれた方は全国の廃線跡を歩いてる方なので勿論ご存知でした。

160716_100355_1200.jpg

160716_100433_1200.jpg
橋台跡が道からズレた所にあるって事は鉄道の跡地は道路ではなくて、民地に入るって事なのかな???
刻印も確認しましたが見つからず。。。

気に入っていただけたならポチっとよろしくお願いします。
建物・街写真でのランキングに参加しています。

にほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ

スポンサーサイト

Comments

name
comment
comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可