Anthology -記憶の記録-

Home > 散策・建物 > 埼玉県の煉瓦巡り(その11)小針落伏越~長野落伏越

埼玉県の煉瓦巡り(その11)小針落伏越~長野落伏越

小針落伏越と呼ばれる場所にやってきました。
竣工は1914年(大正3年)
160716_153531小針落伏越_1200

野通川が旧忍川を横切る(くぐる)場所に設けられた伏越(ふせこし)です。
伏越では珍しい煉瓦造りです。

旧忍川は鴻巣市赤城町と行田市小針町の境にあります。

下流側(鴻巣市)からの撮影です
160716_153305_1200.jpg

イギリス積み
160716_152951_1200.jpg

銘板は無く読む事が出来ない
160716_152942小針落伏越_1200


上流側(行田市)へ行きます
160716_155014小針落伏越_1200

160716_154951_1200.jpg

一級河川 野通り川 起点 と書かれた標石
160716_154850_1200.jpg
これを見て友人は名前が違う!と。
話しを聞くと本来は「野通川」だとの事。
設置する時に間違えたのかもしれませんね。

それにしても夏に行くと草が凄すぎて全然見えませんね。。。
まぁ、最初からわかってはいましたけどね。。。
と言うより、こんな草に覆われた場所だとは意識してなかったので予測してませんでしたね。


160716_155428_800.jpg

旧忍川を下流側へ行くと再び伏越を見る事が出来ます。
長野落伏越です
160716_160259_1200.jpg
竣工は1933年(昭和8年)
RCコンクリート造りです

旧忍川をくぐる長野落
160716_160411_800.jpg

160716_160706_1200.jpg


気に入っていただけたならポチっとよろしくお願いします。
建物・街写真でのランキングに参加しています。

にほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ

スポンサーサイト

Comments

name
comment
comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可