Anthology -記憶の記録-

Home > 散策・建物 > 小田原のポタリング(その2)カトリック小田原教会1

小田原のポタリング(その2)カトリック小田原教会1

表通りから路地の奥に見えてくる素敵な建物があります。
160806_121246_1200.jpg

建物としてはこの日、1番期待していた場所です。
160806_121427_800.jpg

カトリック小田原教会です
160806_121054_1200.jpg

竣工は1931年(昭和6年)
160806_121018_1200.jpg
設計は主任司祭であるルイ・マトン。
山形県の鶴岡カトリック教会天主堂の建設に関わっていた人物との事。

あちらも木造の素敵な教会でしたが、資料には全く名前は出ていなかったような気がします。
木造だけどあまり似ていないかな

鶴岡カトリック教会天主堂
150506_111401_1200_201704021041317f2.jpg


ここへ訪問するのは2度目ですが青空で良かった~
160806_121817_1200.jpg

160806_121952_800.jpg

160806_121732_1200.jpg

色々と撮影しているとこちらの方がいたので教会の中も見せていただく事に。。。


気に入っていただけたならポチっとよろしくお願いします。
建物・街写真でのランキングに参加しています。

にほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ

スポンサーサイト

Comments

name
comment
comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可

Trackback

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

  1. Trackback
  2. 小田原File#01 カトリック小田原教会

    ラーメンを食べた後に向かったのが教会でした たしかこの辺と路地を入ると現れた 近づいて見ると何度も何度もペンキを塗り直した事が確認できる 白壁に緑が縁取られた木造建築である 現役の教会なので一般に公開してるはずですが 入口の扉が閉じられていて中が見えないと入りにくい ここは外観だけで小田原の探索を続けました ... 本日も建築散歩日和 - 2017.04.16 20:54