Anthology -記憶の記録-

Home > 散策・建物 > 二代目横浜駅基礎等遺構

二代目横浜駅基礎等遺構

つい先日の土曜日、横浜で友人の写真展があったのでそのついでに横浜で軽く撮り歩きをしていました。
今回は横浜シリーズです。

横浜駅から歩いてやってきたのは二代目の横浜駅があった場所。
170826_091658_1200.jpg

1941年(大正3年)に二代目の横浜駅がこの場所に建てられました
170826_090631_1200.jpg

初代の駅舎は現在の桜木町駅の場所
煉瓦の基礎だけがマンションの敷地内(横浜市西区高島2-1-18)に残されています。
建てて間もなく関東大震災で倒壊。わずか8年しか存在しなかった駅でした

170826_091622_1200.jpg

170826_091609_1200.jpg

こちらでは刻印も見る事が出来ます
170826_090802_1200.jpg
金町煉瓦の刻印ですね。

そしてもう1つ煉瓦遺構があります
170826_090933_1200.jpg
横浜共同電燈会社裏高島発電所の遺構との事。
こちらは駅よりもっと古く1907年(明治40年)頃のもの。


ネットでは白黒写真は良く見ますがこれは?説明板用に着色したのでしょうか?
170826_091823_1200.jpg
しかし、煉瓦造りの駅舎、勿体無かったですね。。。

170826_091818_1200.jpg

こちらにはもう何度も訪問していましたが、次回で紹介する場所へ行きたかったからなのです。


気に入っていただけたならポチっとよろしくお願いします。
建物・街写真でのランキングに参加しています。

にほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ

スポンサーサイト

Comments

name
comment
comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可