FC2ブログ

Anthology -記憶の記録-

Home > 散策・建物 > 凌雲閣の基礎が出土した

凌雲閣の基礎が出土した

つい先日驚きのニュースがありました。
浅草にあった煉瓦造りの凌雲閣の基礎が出土したというものです。
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201802/CK2018021002000137.html

以前、江戸東京博物館に行った時には凌雲閣の煉瓦が展示されていて驚いたのですが、
こんなニュースを聞くと本当にあったんだなと実感します。
いや、本当にあったのですが、自分の中では伝説のような煉瓦建築なんです。。。


この写真は江戸東京博物館に展示されている模型です
140524_184202_800_201802112150170bf.jpg


竣工1890年(明治23年)。
1階~10階までは煉瓦造り、11階~12階が木造の浅草に建てられた12階建ての塔でした。
そして日本初の電動式エレベーターも装備していたとの事!
しかし、関東大震災で崩れてしまったのでした。。。

さて、このニュースを知ったのは10日の夜。僕の誕生日でした(^_^;)
11日の予定はフリーだったので朝早くから出かけてきましたよ。

180211_091332_1200.jpg

工事フェンスの上からのぞきこむと煉瓦が見えます!
そして八角形の一部だと思われる土台も確認出来ます
180211_091032_1200s.jpg

180211_084559_1200.jpg

煉瓦は長手積み
180211_085300_1200.jpg
道路の下である右側は綺麗に境界辺りでカットされています。
多分、道路工事などで以前に出土したのでしょうが、そのまま工事を進めていたのかなと思われます。
基礎と言うのでもっと深い場所にあるのかと思っていたのですが、案外浅いのですね。

瓦礫となった煉瓦たち
180211_085337_1200.jpg

180211_090633_1200.jpg

遺跡など出土しても工事業者が報告しないと誰も知らないまま消えてしまいます。
きっとそんな事は数多くあると思っています。
調査になれば時間がかかり、工事はストップしてしまう。
それは工事に関わる人達の損失に繋がりますし。。。

今回はこうして皆に知れただけ良かったのかもしれません。

180211_083526_1200.jpg

ふと気付いたのですが、これって刻印?
180211_092935_1200s.jpg
この界隈なら金町煉瓦も使われている?
明治21年創業だから時期としては使われていてもおかしくはないと思いますが。

台東区は9日に調査をしたようですが、文化財の扱いにはならないとの事。
こんな貴重なものなのに何故???
せめて一般公開するべきじゃないかな~

僕は今回、ツイッターで凌雲閣の名前を出さず写真だけアップしただけですが、多くの「いいね」がついています。
(普段はそんなに「いいね」がつく事はありません)
それだけこのニュースに関心を持つ人たちがいると言う事です。
実際、撮影してる間にも次々と見学者が来てましたし。
台東区はもう少し慎重に考え直すべきではないでしょうか。。。
そして、どんな調査で何がわかったのか公表していただきたいですね。。。


今回の場所より少し南側のパチンコ屋さんの前にある浅草凌雲閣記念碑
180211_093537_800.jpg

気に入っていただけたならポチっとよろしくお願いします。
建物・街写真でのランキングに参加しています。

にほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ

スポンサーサイト

Comments

name
comment
comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可