Anthology -記憶の記録-

Home > 散策・建物 > 島薗家住宅主屋

島薗家住宅主屋

4月の下旬、つつじが咲き始めた頃に島薗邸に行ってきました。
180421_114008_島薗邸1200
島薗邸は東京帝国大学医学部の教授であった島薗順次郎が長男の結婚祝として1932年(昭和7年)に
矢部又吉の設計で建てられた登録有形文化財。

島薗順次郎は脚気の原因をビタミンB1の欠乏によるものと発見された方のようです。

近年になり月に2日だけ公開だけされるようになったのですが、やっと行く事が出来ました
180421_114029_1200.jpg

180421_113553_1200.jpg

180421_114038_1200.jpg

玄関内部
180421_112836_1200.jpg

左の窓は一部だけ外が見えるようになっています
180421_113630_1200.jpg

180421_113704_1200.jpg

書斎兼応接間
180421_113042_1200.jpg
医学書がたくさん並んでいます

サンルーム
180421_113056_1200.jpg

居間
180421_111119_1200.jpg

180421_111155_1200.jpg

180421_111228_1200.jpg

階段
180421_112653_800.jpg

2階は島薗順次郎の死後、長男である島薗順雄(のりお)が兄弟を一緒に住まわせる為に
1941年(昭和16年)に増築されたようです

和室
180421_111843_1200.jpg

洋間にある暖炉
180421_112222_800.jpg

180421_112325_800.jpg

軍艦と戦闘機がデザインされたステンドグラス
180421_112200_800.jpg

美しいタイル
180421_112303_1200.jpg

こちらのスタッフの方は詳しい解説をされながらも撮影にとても協力的で、気持ちよく見学出来ました。

島薗家住宅主屋


気に入っていただけたならポチっとよろしくお願いします。
建物・街写真でのランキングに参加しています。

にほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ


スポンサーサイト

Comments

name
comment
comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可