FC2ブログ

Anthology -記憶の記録-

Home > 格闘技 > WBCフライ級タイトルマッチ内藤大助vs山口真吾

WBCフライ級タイトルマッチ内藤大助vs山口真吾

20081223内藤vs山口


今回の試合には素直に感動しちゃいました。
あの挑戦者の姿に。。。

坂田戦は見逃してたんでどんな選手か知らなかったけれど
気持ちの強い良い選手だったね。
打たれても打たれても気持ちだけは負けてなかった。

最後は何だか声出して応援しちゃってたけど
いつのまにか涙声に。。。

やっぱりあーいう姿って心打たれるんだよなー

このまま引退しちゃうとしたら勿体ないですね。



http://www.nikkansports.com/battle/news/f-bt-tp0-20081223-443226.html
<プロボクシング:WBC世界フライ級タイトルマッチ12回戦>◇23日◇東京・両国国技館

 チャンピオンの内藤大助(34=宮田)が挑戦者で同級13位の山口真吾(29=渡嘉敷)に11回1分11秒、TKO勝ちし、4度目の防衛に成功した。

 34歳3カ月の内藤は自らが持つ日本選手の世界王座最年長防衛記録を更新した。戦績は39戦34勝(22KO)2敗3分け。

 山口は3月のWBA世界フライ級に続く3度目の世界挑戦だったが王座に届かず、戦績は31戦23勝(9KO)6敗2分け。

 日本のジムに所属する男子の現役世界王者は史上最多タイの7人で変わらない。

 内藤大助 いやあ駄目だ。でも、勝ったんで。山口君に研究されていたんだろうな。まだまだ。取りあえずゆっくり休みます。

 [2008年12月23日21時17分]

Comments

name
comment
comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可