FC2ブログ

Anthology -記憶の記録-

Home > 散策・建物 > 江の島2019(その2)サムエル・コッキング苑

江の島2019(その2)サムエル・コッキング苑

江の島に来たのは毎年6月頃にやっているサムエル・コッキング苑を公開しているからですね。
来るのは何度目だったかな?
190601_110950_1200.jpg

サムエル・コッキング氏が明治15年、この土地を買い取り、明治18年に植物園を完成させます。
東洋最大とも言われた温室が見どころであったとも言われています。
関東大震災で壊滅しましたが、その後に発掘され現在は基礎部分の煉瓦を見る事が出来ます。

190601_110739_1200.jpg

190601_102121_1200.jpg

ここは池だった場所
190601_104105_1200.jpg

ここではたっぷりと刻印探しを楽しめますね
190601_104712_1200.jpg

190601_111141_1200.jpg

中に入れるのがホント嬉しい
190601_102137_1200.jpg

右の窓のような場所には水槽があったらしい
190601_103858_1200.jpg

190601_102450_800.jpg

煉瓦はフランス積み
190601_103009_1200.jpg

190601_103120_1200.jpg

190601_103049_1200.jpg

横浜煉化製造会社の刻印がありました
190601_102529_1200.jpg

貯炭庫
190601_102741_1200_20190901185650d98.jpg

地下から出て奥へ
190601_112151_1200.jpg

190601_111802_1200.jpg

階段の両脇にある構造物は基礎が煉瓦ですね
190601_111957_1200.jpg

奥に見えるのは江の島タワー
190601_112009_800.jpg

園路の両脇には煉瓦
190601_111807_1200.jpg

この刻印煉瓦はどこで造られたものだろう?
190601_111910_1200.jpg

よく洋風建築のデザインに使われるアカンサスの花も咲いていました
190601_112352_800.jpg

気に入っていただけたならポチっとよろしくお願いします。
建物・街写真でのランキングに参加しています。

にほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ


Comments

name
comment
comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可